お知らせ

たくさんの子ども達と出会って、たくさんの時間を一緒に過ごしています。

いろんな子ども達がいます。

  • 元気いっぱいでパワーに満ちあふれている子
  • 静かに用心深く様子を見ている子
  • おしゃべりしたくてたまらない子
  • じっと目で話しかけてくる子

どの子もみんな個性豊か、キラキラと輝いています。

親心としては、いいところ、気になるところ、いろいろあると思います。

うちの子落ち着かなくて~というお話もあれば、うちの子もう少し積極的になって欲しいというお話もお聞きします。

元気で活発な子は状況を判断して、自分をコントロールする力を身につけられたら、いづれリーダーシップを発揮してみんなをまとめていくような子に成長するかもしれないし、内気でなかなか輪の中に入っていけない子も、実はじっと状況見ていて、私たちが気づかないようなアプローチから観察をしているのかもしれない…

元気過ぎても内気でも、どちらにしてもいろんな心配があるのは当然の親心です!

でも、それをどちらも長所として伸ばしていってあげられたらどんなに素敵でしょう!

いろんなことをプラスの言葉に置き換えて言えるといいそうですよ。

このことは私がまだ子育て中の時に教えて頂きました!

そういうワークショップもたくさん受けました。

フムフムととっても納得したのですが…

その頃の私には難しかった。

わが子とプラス思考で接することはとっても難しかったです。

何故だったのかなぁ~

日本人特有の謙遜なのか…

子どもに対する夢や期待もあったかな。

「だいたい あなたはね…」

プラス思考どころか否定形から入ってます(笑)

そしてあれもこれもと言い始めると、いけないと思いつつ止まらない。

「だれか私を止めて」と心の中で助けを求めながらもさんざん言いつづけた後、子ども達の寝顔を見ながら怒りすぎてしまった事を謝り、明日は怒らないぞと心に誓う!

毎日これの繰り返し。

親子という関係はいろいろ複雑です。

親って…毎日が忍耐と修行ですね。

リトミックレッスンは、グループレッスンだからこそたくさんの個性を受け止めてあげられると思います。

「え?グループレッスンだから難しいんじゃないの?」

と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、グループレッスンだからこそ、たくさんの個性を受け止めて伸ばしてあげられる事があります。

クラスの仲間たちと音楽を通して、たくさんの事に気づき学び成長していきます。

個人レッスンではできない、貴重な経験ですね。

とは言っても…

わが子がまったく集団の中に入れなかったり、レッスン中に落ち着きがないと心配です。

「場所見知り、人見知りがひどくて、リトミックならと思って体験に来ました。」

体験レッスンにいらした保護者さまからよくお聞きします。

音楽は耳から入ります。

活動に参加していなくても耳に届く音楽をシャットアウトはできません。

全くレッスンに参加してなかったのに、発表会の時には実にいい笑顔でのびのびと活動する子ども達をたくさん見てきました。

音楽の不思議な力を感じる事は、たくさんあるんですよ。

「こんなところがちょっと気になるな~」と気づいた年齢から、2倍の年数をかけて暖かく見守る事が大切だそうです。

3歳のころに気づいたら、6歳くらいを目標に…

5歳で気づいたら10歳を目標に…

パパやママ、おじいちゃまやおばあちゃま、周りのオトナたちの暖かいサポートが必要ですね。

音楽を通して サポートできる事がたくさんあると思います。

初めての習い事はぜひリトミックから!!

わが子で修業を積みかさね、「プラスの手法」も身に着けました(笑)

しっかりとレッスンに役立てますね!!

そして私事ですが…

令和元年5月12日。

はじめての孫が誕生し、めでたくおばあちゃん業が始まりました。

若い夫婦の力になれたらいいなぁと思います。